カリブ海にて考え中 Thinking something in Caribbean

Carnival cruise Disney Magic, Fantasy 豪華客船で起こる色々な事。

第1回 はじめまして。

船はノルウェーの首都Osloに停泊しています。お昼の3時です。

色んな所で豪華客船の生活の講演をやらせてもらったり、色んな人に船での生活の事を聞かれるのでコラムを書く事にしました。

これから何回かに分けて豪華客船の仕事について書いていこうと思います。
皆さんに少しでも豪華客船の事を知ってもらえれば嬉しいです。

豪華客船で働くという事は基本的には遊園地で働く事に似ています。
華やかな反面、働く訳ですから辛いことももちろんあります。
また、ある友達はHigh school mixed jail(高校と刑務所のミックス)と言いました。
露骨なカースト制度に加え、辞めると言ってもクルーオフィスという所にパスポートを管理されてるので帰れない。
なるほどこれも的を得ているなと思ったものです。

まず第1回に何を書こうかと思ったんですがお金について書いてみようと思います。
生活にかかるお金ですが居住費、食費、光熱費、水道代、あと僕はスパに所属していますので、意外な所だと散髪代など全部無料です。

基本的にお金がかかる事はない上、部屋(キャビン)の掃除、衣類の洗濯までハウスキーパーが入り毎日やってくれるという楽チン生活です。
僕は1人暮らしが長かったので、ご飯作んなくてよい、部屋片付けなくてよい、掃除しなくてよいのは本当に助かりました。

1人暮らしをしていた時はそんなに贅沢な暮らしをしていた実感はないのに家賃や食費、たまにある大きな出費(車検)等を含めると1ヶ月平均15万はかかってました。
しかし船での生活はほとんどの事にお金がかからないので、大体3万くらいあれば1ヶ月十分生活できました。

そう考えると実収入が10万以上違ってくるのでこれは大きいです。あと日本から住民票を抜いていれば所得税支払い義務もありません。税金も日本で働いてると高いですからね。これも大きいです。

次回はお給料について書きたいと思います。

Postscript
ノルウェーに来ると気温に関わらず鼻水が止まりません。
いつもスパの同僚に鼻水出てないかチェックしてもらってます。チームワークって大事。