カリブ海にて考え中 Thinking something in Caribbean

Carnival cruise Disney Magic, Fantasy 豪華客船で起こる色々な事。

第2回 なぜ彼女達はあんなに素敵に笑うのか

船はノルウェーのBergenという街へ向かっています。

この記事を書いているのは夜の11時船の中です。
基本船でのインターネットはとても貴重なので、船で記事を書いてポートに降りて、Wifiが使える時に投稿するという感じでやっています。

船に乗っている人をクルーメンバーといいますが、(以下クルー)クルーの人達のお給料は様々です。ゲストサービス(ホテルでいうフロントの様な仕事)や、ハウスキーピングの人達の様に固定でお給料をもらう人もいれば、ダイニングやスパなど、固定給が無く、完全にお給料がチップ制の部署もあります。
基本的にはチップ制の部署の方がハードワークな仕事です。

 

僕が乗っているディズニークルーズのスパは数あるクルーズラインの中で最も忙しいスパの1つです。


マッサージセラピストなら1週間で1000$(日本円で10万円程度)稼ぎます。
そしてスパメンバーの大部分を占めるのがフィリピン人なんですが、聞いた所によると彼女らの国の平均月収は300から500$程の様です。

 

という事は、、
平均月収の3倍程度を1週間で稼げてしまうのです。
家族の繋がりを大事にする彼女達がなぜここで働き、なぜ笑顔でいられるかが納得できます。

日本の平均月収を20万円だとしても、それの3倍という事は1週間で60万円。7ヶ月のコントラクトが終わると2000万円近くをもって国に凱旋帰国する事になりますね。

友達が1コントラクト終わって、両親に新築の家を建ててあげたとか言ってたのも納得。

もちろん僕はそんなに稼いでいません笑

Post script

 

f:id:muranak:20160716174048j:plain


船を美しいと思う理由の一つとして、この鉄板一つ一つが滑らかな曲線を描いて、美しい船首、船尾を形成してる所です。