読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリブ海にて考え中 Thinking something in Caribbean

Carnival cruise Disney Magic, Fantasy 豪華客船で起こる色々な事。

第3回 ディズニートラディショナルトレーニング こうして洗脳は始まった。

船はアイスランドの首都Reykjavikに向かっています。多分レイキャビクで発音は合ってると思います。
今日はディズニーのトラディショナルトレーニングについて書こうと思います。2年も前の話になりますが。

ディズニークルーズで初めて働くクルーはどのデパートメント(職種)関係無く、このトラディショナルトレーニングに参加しなくてはいけません。
オーランドにあるディズニーユニバーシティでトレーニングが行われます。
f:id:muranak:20160720213713j:image
1日目
早朝に宿泊しているホテルのフロントに、ハイヤーで初老の老人が迎えに来ます。
物腰が柔らかく、すごく品の良いおじいちゃんでセバスチャンと名付けたくなるような人でした。


どうやら今日一緒に研修を受けるのは僕ともう1人、ポートショッピングガイドのアシュレーというNY産まれの容姿端麗な女の子。
余談ですがポートショッピングガイドは美男美女が多い。ダイヤモンド等高価な商品の販売を担当するので、信頼を得る為にビジュアルも重要なのかもしれません。
その子と車内で2人きりなので、お互い以前のコントラクトで乗ってた船について話しました。
彼女は小さいころからディズニーが大好きで、ディズニークルーズで働くのを凄く楽しみにしてる様。
僕はというと
彫刻みたいに綺麗な顔してんなーこいつ。
と思いながら話してた。

セバスチャンに連れられて、ホテルから15分くらいの所にあるディズニーユニバーシティへ。
ペーパーワークはものの10分程で終わり、実はあなた達にプレゼントがあると言い残し別室へ去るスタッフ。

戻ってくるやいなや、ここにフリーパスがある。マジックキングダム、ハリウッドスタジオ、アニマルキングダム、エプコット(この4つの総称をディズニーワールドという)どこでも行けるから1日遊んできなさい!
本格的な研修は明日からよ!
との事。

サプライズ!
これがディズニー流のおもなしかー。
アシュレーはとても嬉しそうにしている。

僕はというと、前にディズニークルーズに乗った友達から話を聞いていたので、さほど驚かなかったのは事実。もちろんこのおもてなしは素直に嬉しいんですけどね。

といってもまだ早朝なので1度ホテルに戻って支度をして、10時頃にホテルからパークへのシャトルバスが出ているので、それに乗っていく事を勧められる。
帰りもアシュレーと一緒だったので車中で少し会話していると
"私オーランドのディズニーワールドはもう10回以上来てるわ。
今日も友達とパークで会う約束してるの。"
と彼女
て事は知ってたのか。
フリーパス貰える事知っててあのリアクション出来たのか。
すげーな。とか思いながら彼女は僕がどのパークへ行くべきか、4つのパークのどこを見るべきかを親切にも提案してくれた。

ホテルに帰りベッドに横たわる。午前8時半。

眠い。時差ボケもあって眠い。
このまま寝てしまおうか。だって初めてのディズニーが海外でぼっちとか難易度高すぎるもの。

次回へ続く。